【2019保存版】NHK受信料の断り方まとめ!法律的にも問題ない方法

こんにちは、アリスです。

今回は、NHKに受信料を支払わないでよい方法を紹介します。法律的にも問題ありませんので、ご安心ください。

NHKは放送法がある、義務だからなどといって訪問してきます。確かに放送法はあるものの、受信料の支払いを強制させるには、NHKは裁判を起こして勝たなければいけません。裁判で勝たないと支払いの強制ができないようになっています。

NHKは裁判を起こすのが面倒なので、色々と義務だなんだといってきますが気にしないでください。

ちなみに、NHKは毎年裁判を起こしていますが、それでもたったの数十件です。受信料を支払わない家1件1件に対して裁判をするのはとてつもない労力なので、NHKは圧倒的に不利なのです。

仮に、裁判を起こされたとしても、TVを親戚や友人に預けるか、捨ててしまえばOKです。そうすれば、裁判に負けることはありません。証拠がないのですから、受信料の支払いを命じられることもありません。

それでは、NHK受信料の断り方を解説していきます。既に契約してしまったとしても、解約できますので参考にしてください。

スポンサーリンク

NHK受信料の簡単な断り方

NHKの集金人が来たら、絶対に玄関のドアを開けてはいけません。

新聞などのセールスでも同じですが、ドアを開けたら断りにくくなったりしますので、必ずインターホン越しか、ドア越しで話しましょう。一軒家であっても、なるべく玄関の扉は開けないようにしましょう。

それでは断り方を紹介します。これまでは、断り方を3通り説明します。

断り方1、2が2チャンネルで有名なひろゆき氏、断り方3がNHKから国民を守る党の立花氏が推奨している断り方になります。

断り方1:TVはないと伝える

「テレビはありません。もし使うことになったらインターネットで契約しますので、もう来なくて結構です。」

王道の答え方ですね。

それだけで大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃいますが、大丈夫です。

もしNHKが裁判を起こしたとしても全く問題ありません。

なぜなら、NHKはあなたの家にTVがあることを証明しなければいけないからです。しかし、考えてみてください。どうやって、NHKはあなたの家にTVがあることを証明できるのでしょうか?

TVの写真を撮られない限り、絶対無理ですよね。

TVの写真を撮られないためにも、基本的には玄関を開けないことが重要です。また、例えドアを開けてしまっても大丈夫なように、玄関からTVが見えないところに置きましょう。

受信アンテナは、外から見えるところにあっても問題ありません。TVがなければ視聴できないので支払う必要がありません。

断り方2:お帰りくださいとだけ伝える

TVがないという嘘を答えるのが嫌な人は、

「お帰りください。NHKと直接話しますので、もう来なくて結構です」

とだけ伝えましょう。それ以外のことは何も話さなくていいです。

「お帰りください」の断り方は以下の動画を参考にしてください。

この動画は、NHKから国民を守る党の代表である立花氏が、NHK職員から「お帰りください」と言われている動画です。

NHK職員が「お帰りください」の見本を見せてくれている貴重な動画です。

【NHK突撃映像】①NHKが立花孝志との契約を拒否

断り方3:契約だけして支払わない

こちらがN国の立花氏が推奨しているやり方になります。

法律上、NHKと契約するのは義務となっているため、契約はする。しかし、受信料は払わないという手法になります。

なんとも不思議に聞こえる話かもしれませんが、不払いは法律違反ではないという見解です。立花氏は、この方法で実家、事務所などのNHK受信料を何十年も不払いを続けていました。

また不払いの時効は日本の法律で5年と定められています。仮に10年間不払いであったとしても、5年分しかNHKは徴収できません。

不払いの場合に、集金人が取り立てに来ることが考えられます。その時は、断り方2の「おかえりください」とだけ伝えてください。

ちなみに、2019/8/15に政府は「受信契約を締結した者は受信料を支払う義務がある」とする答弁書を閣議決定しました。しかし、問題ありません。

なぜなら、行政である内閣の答弁書は司法的には何の効力もない、一見解でしかないからです。

日本では立法、行政、司法と3つの権力が分立しています。権力を3つにわけることで、一つの権力が絶対的な力を持たないようにしています。

そして、NHKについては立法で契約義務があるということだけが定義されているだけであり、払わなければならないという法律はありません。

払わないければならないというのは、あくまで行政の見解でしかありません。立法では支払い義務についての法律はありません。

このことについて、N国の立花氏が分かり易く解説していますので、ご覧ください。

政府答弁書に反論・NHK受信料を支払わない方をお助けする企画も決定

不払いにするときの注意点

不払いする際の支払いは必ず口座振替にしてください。クレジットカードや、コンビニ払いは厳禁です。

クレジットカードで不払いにすることもできますが(クレカの引き落とし口座の残高を0にする)、クレジットヒストリー(信用)にキズが付きます。

また、コンビニ払いについては、延滞金が加算されるのでダメです。口座振替にして、口座の残高を0にしておきます。これで不払いにできます。

すでに、クレジットカードで払っている人や、コンビニ払いにしている人は、NHKの公式サイトで口座振替に変更してから、不払いを始めてください。

悪い断り方1:この家の人じゃないですと伝える

悪い断り方と書きましたが、実は私の母親がこの方法で撃退したことがあります。(10年以上昔の話です)

しかし、この方法は嘘がバレバレなので、良い方法ではありません。それに、また必ず集金に来ます。その時にも同じ方法は…通用しませんよね。

悪い断り方2:会社名と名前を聞く

会社名と名前を聞くことで断れる方法があるようです。そのサイトによると、以下の会話となると書かれていましたが、妄想だと思われます。

払う気がないのなら、余計な会話はやめておくべきです。

自分:「あなたの会社名と名前を教えてください

集金人「それは答えられません。」

自分:「怪しいのでお帰りください」

会社名と名前を聞いて、相手が答えられないのであれば、それは本当の詐欺師だと思いますが…。

スポンサーリンク

居留守は自分のストレスがたまるだけ

居留守を使う人がたまにいますが、おすすめしません。居留守を使うと、また集金にやってくるからです。また来る・・いつ来るんだろう・・などと余計なことを考えてしまうと、それだけでストレスになりますよね。

居留守を使うくらいなら、払った方がよっぽど楽になると思います。

私の友人で家を建てた人が、最初は居留守を使ってNHKの契約を回避していました。しかし、訪問されること自体に相当ストレスがかかっていたようで、余計なストレスから解放されるために、NHKと契約してしまいました。

居留守を使うとまた来ます。再訪問させないためには、払わないという意思をはっきりと伝えることが大切です。

スポンサーリンク

NHK集金人から色々言われた場合

嘘だと思われても問題なし

テレビがないなんて、誰しもわかるあからさまな嘘だけど大丈夫?と心配している人もいると思いますが、大丈夫です!心配無用です。

なぜなら、嘘だと思われても全く問題ないからです。

集金人は、住居侵入罪になるので、家に入ってくることはできませんよね?だから、嘘であることを確かめようがないからです。

NHKはこれまで様々な不祥事を起こしてきました。そして、反日情報を流してきました。それら情報の中には嘘情報もたくさんありました。嘘を付く相手に対する嘘なので、問題ありません。役者になったつもりで会話してください。

万が一、勝手に家の中に上がろうとしてきた場合は「不法侵入なので、警察に電話します。」といって、警察に連絡するフリをしましょう。

本当に警察を呼んでしまうと、手続きが面倒になるのでやめときましょう。警察から事情聴取を受けたり、警察が家の中にはいってくる可能性もあります。フリだけでいいです。

携帯でワンセグは見ていないかと聞かれたら

携帯電話などで「ワンセグ放送は見ていませんか?」と聞かれたら、「持っていません」と答えればOKです。

そもそも、2016年8月26日に、ワンセグについてはNHK受信料の支払い義務はないという判決がでています。そのため、ワンセグがあっても受信料は支払わなくていいのです。

車にカーナビはありませんか?携帯・スマホ、PCにチューナーはついていませんか?

などと聞いてくる場合もありますが、ありませんの一言だけでいいです。

しつこく聞いてきた場合、詳しく答えるのはやめましょう。そもそも答える義務はありませんし、下手に相手をしたらボロが出てしまいます。

「お帰りください。後はNHKと直接話しますので、もう来なくて結構です」

と答えればOKです。

TVが映っているのを見られてしまったら

もし、玄関のドアを開けてしまって、TVが映っているのを見られてしまったら「あれはDVDです。受信機が壊れているのでテレビ放送は映りません。」と答えればOKです。

再訪されないようにするには

NHKの集金人は定期的にやってきます。再訪されないためには、以下のよう伝えます。

「TVを使うようになったら、インターネットから申し込むので、もう来なくて結構です」

再訪されないために、はっきりと意思を伝えましょう。居留守など使わずに、はっきり断ってしまえば、もう来ません。うやむやにしたり、曖昧な断り方をすると、集金人はまたやってきます。

ただし、はっきりと意思を伝えるといっても怒鳴ったりするのは絶対にやめましょう。ましてや録画してYoutubeにアップするなどもってのほかです。

集金人の方も、一人の人間です。NHKから指示されて、生活のために従っているにすぎません。怒りを向ける先は集金人ではありません。NHK本体です。

NHKから裁判を起こされた場合

そもそも裁判を起こされる確率はとても低いですが、万が一NHKから裁判を起こされた場合、裁判中はTVを親戚などの家に預けておきます。預けるのが難しい場合は捨てるか、リサイクルショップに売りましょう。

TVを預けた後に、家の中を調べてもらったり、写真を撮影して提出してもよいです。TVがないことがわかれば、裁判で負けることはありません。

裁判が終わったら、預かってもらったTVを引き取りましょう。

スポンサーリンク

すでにNHKと契約している場合の対応方法

一度契約したら解約はできないものと思ったほうがよいです。断り方の章でも説明しましたが、法律でNHKとの契約は義務だと定められているからです。

ただし、本当にTVのアンテナもなく、TVもないのであれば、解約できると思います。その場合は、NHKに問い合わせてください。

ここでは、TVがあるという前提での対応方法を説明します。

まず、クレジットカードの自動引き落としで支払っている方は、口座振替に変更します。

口座の残高を常に0にしておく必要があるため、NHK不払い用の口座として事前に作っておくことをお勧めします。

口座振替に変更した後は、口座の残高を0にしておきます。これで不払いができます。

受信料を支払わなければ、いずれNHKの集金人がやって来ると思います。NHK集金員がやってきた際は、「わかりました。払っておきます。帰ってください。」とだけ伝えましょう。

色々聞いてくるかもしれませんが、冷静に支払いを断ってください。

既得権益のかたまりNHK社員の年収

NHK社員は平均年収1200万円という高額所得を得ているのをご存知でしょうか。私の知り合いにもNHKの社員がいますが、30代半ばで1000万超えの給料を得ています。

ただ誤解してほしくないのですが、NHK技研や研究開発職の人がたくさんもらっているのは悪いことだとは思いません。彼らが最先端のことをやってくれているから日本が通信工学などで前の方にいることに寄与しているからです。

これまで先に進みすぎて、アメリカや他国に拒否されたことすらありました。それだけ研究開発にお金をつぎ込んでいるところは評価しています。

私が問題だと思っているのは、NHKの一般職の人までが無駄に待遇がいいのを直さない点です。また、役員が高額の報酬を得ているのも問題だと思っています。

記者は無駄にタクシーで現場に行きますし、人の稼働率は低いし、地方の支局なんておまけのようなことしかしていません。

一般職でも地方に転勤などがあり大変なのは分かりますが、年収400、500万がサラリーマンの平均といえる時代に、ありえない高額所得です。

その給料は、庶民からのNHK受信料の強制徴収によって成り立っているのです。大した成果も出していないのに高給をもらう。まさに既得権益ではないでしょうか。

他の有料放送ではスクランブルをかけて、契約している人しか受信できないようにしていますが、NHKもそうすればいいのです。しかし、NHKはスクランブルをかけるやり方を拒否しています。

スクランブルをかけると、受信料の強制徴収ができなくなるため、収入が激減することが分かっているからです。もしスクランブル方式にすれば、年間1万5千円もの無駄なNHK受信料の支払いなんて、誰もしたくありませんので、解約が続出するからです。

スポンサーリンク

NHK受信料の集金人も被害者?

NHK受信料の集金の人たちはNHKの職員ではなく、集金を委託された会社の社員なのでNHK本体の社員とは何の関連もありません。

NHK本体は、嫌な仕事(汚れ仕事)を外部に委託することで、楽してお金を得ているわけです。怒りを向ける先はNHKであって、NHK受信料の集金人ではありません。

ただし、集金人をヤクザに依頼していたといううわさ話もあるので、なんともいえないところはあります。

基本的には、集金人も被害者であるので、怒鳴ったりするのは絶対にやめましょう。Youtubeなどで集金人をからかったり、罵声をあびせかけるような動画をアップしている人がいますが、人としてどうなのかと思います。

何度も言いますが、怒りを向ける先はNHK本体です。集金人の方に、怒りをむけても何の意味もありません。集金人の方には、冷静に断るだけにしてください。

まとめ

NHKの受信料の集金人には冷静に論理的に対応することが大切です。NHKの集金人が来たら、「払わん!」「知らん!」「帰れ!」などで撃退しろと言っている人もいますが、そんなふうに感情的になってはいけません。

相手があなたの家の中に入ることができない以上、TVがあることを確認することもできないのですから、圧倒的にあなたが有利なのです。そう考えれば、感情的になる必要なんて、一切ありませんよね。

そして、万が一裁判が起こされた場合は親戚に預けるか、預ける先がない場合は捨ててるか、リサイクルショップなどに売ってしまうのがよいでしょう。

そうすれば、裁判に負けることはありません。確かめようがないからです。

最後に、NHKの受信料を100%逃れる方法として、2chのひろゆきが解説している動画を紹介します。ひろゆきといえば、2chを作った人で、論理的でとても頭がよい人ですね。

基本的な内容は本記事と同じですが、不安な方は参考にしてみてください。

【ひろゆき】他人が来てドア開ける奴はバカ。見てないなら払う必要ないんですよ。ビビらなくてもNHK側はテレビがある証明をできないので裁判でも勝てますよ
スポンサーリンク
関連記事と広告