【TikTok】プリッツ実況うますぎ人間の『ネチオの日常』が面白い!

こんにちは、アリスです。

TikTokで人気の「ネチオの日常」の実況動画を紹介します。

マイクラで作ったキャラ「ネチオ」が、家や学校で名前の通りネチネチと早口で文句を言い続ける動画です。(実際にネチオが声を出す場面もありますが、大半はネチオの心の声)

アニメーションはほとんどないのに、これほど面白い動画を作れるセンスがすごい。ネチオが話す心の声にハマる人が続出しています。

ネチオという名前もいいですし、ネチオという名前にどんぴしゃのインキャラ外見も爆笑です。声もドンピシャのインキャラの声です。

今回は、ネチオの日常シリーズの面白さを解説したいと思います。

スポンサーリンク

【TikTok】ネチオの日常の始まり

ネチオの日常はシリーズ化されており、朝起きたところから始まります。

最初の動画は「とことん学校に行きたくない人の気持ち」で、以下のセリフで始まります。

「学校で授業を受けるくらいなら真剣セミ中学講座を受けて自主勉強したほうが効率的だし、わざわざ早起きしてママにお弁当作ってもらって重い荷物を担いでまでしょうもない授業を受けたくなかったし、ましてやクラスメイトとかいうバカな集団のお遊びに付き合うのが嫌だったから、昨日まで自宅警備隊を努めていたヒネクレオの弟のネチ・ネチオだ・・・」

確かに「真剣セミ」のほうが効率いいのはネチオの言うとおりです。ところでネチオの兄「ヒネクレオ」はネチオシリーズではまだ登場していません。今後、登場するかもしれませんね。

この後も、区切りなしの長い文章をネチオは早口で、喋り続けます。そして、最後に・・・

「あ~憂鬱だな~」

学校に行きたくなくて、ネチネチと学校に行かなかった理由を話していたのですが、このままでは出席日数が足りず卒業できないことに気づいたため行くしかない…

という状況に追い込まれているネチオです。

ここでネチオは閃きます。そうだ、学校に行くってことはお弁当がいる!昨日急に学校に行くことにしたから、さすがにママもお弁当を作っていないはず。

つまり、お弁当を作っていなければ学校を休める!と考えたネチオは、ママのところに確認に行きます。

ネチオ:「ママ、今日学校に行くことにしたんだけど、多分お弁当作ってないと思うからやっぱりやめとく」

ママ:「作ってるわよ」

ネチオ:「はい、お母様行ってまいります」

無事、学校に行くことになったネチオでした。

ネチオシリーズの第1話のみ、ハッシュタグ「ネチオの日常」がついていませんので、プリッツの投稿動画の一覧から探してください。

スポンサーリンク

ネチオの学校の校門での出来事

このTikTok動画で一気にネチオが人気になります。

学校についた、ネチオは校門のところで立ち止まります。

ネチオ:「さてと、今日もバカたちのバカな遊びに付き合ってやりますかー!」

そこに、3人組のヤンキークラスメートが背後に現れます。3人組の真ん中は「カズレーザ」ですね。

カズレーザー:「うほっ!ネチオじゃーん!!」

やばい展開です。

カズレーザ:「なにお前まだ学校やめてなかったんだw。何しに来たのーw」

緑シャツ「うわーw久しぶりすぎて顔忘れてたわww。てか、地味な顔しているからいつまで立っても覚えられないんだってーw」

3人組「ギャハハハ」

ネチオ:「あーお前達!久しぶりだな。おはよう」

意外にも、ネチオは「お前達」と偉そうに3人組に声をかけました。しかし、すかさずカズレーザが切れた口調でネチオに話します。

カズレーザ:「あ?なんだよお前誰に口聞いてんだよ?」

ネチオ:「あ、お、おはよう、、(弱気)」

緑シャツ「ちっ。ネチオのくせに馴れ馴れしくしてんじゃねーよ。」

ネチオ:「えっ、、えへへ(弱気)」

そして、3人組が校舎に消えた後、ネチオの心の声が爆発します。

「はっはっはー。せいぜい今のうちにイキがってろ歩く粗大ゴミめ!」

「馬鹿野郎。学校卒業できねえから俺様がわざわざ登校してやってんじゃねかよ。(略)」

カズレーザ本人の前で、そのセリフを言えよと思いますが、それじゃあネチオじゃなくなっちゃいますね。

スポンサーリンク

歩く粗大ごみwと恋に落ちるネチオ

ところで、歩く粗大ゴミという表現を聞くと、竹原慎二さんが思い浮かびます。

竹原慎二さんはボクシング世界ミドル級のチャンピオンになった男ですが、10代の頃はケンカばかりしていて広島の粗大ゴミと呼ばれていました。

昔TV番組に出ていた頃は、写真の通り強烈な怖さでした。(ヤラセ番組と言われていましたが・・)

ただし、今では年もとってすっかり丸い性格になっています。ガンで闘病生活を送っていましたが、なんとか克服して元気に過ごしています。

それにしても、ネチオ面白すぎですね。この後、さらにネチオの教室での出来事に続きます。

教室でも、カズレーザをリーダとする3人組のことを、心の声でボロクソに罵倒していたところ、突如クラスメート(学級委員長)の女子に声を掛けられます。

「ネチオ君てば。何ぼーっとしているの?もう1時間目の移動教室始まっちゃうよ?」

そして、ネチオは声をかけてくれたクラスメートの女子に恋に落ちます。はやっ!!

ほんとに面白いので、続きはTikTokで御覧ください。

ハッシュタグ「ネチオの日常」の検索で見つかります。作者のTikTokユーザ名は「Prets/実況うますぎ人間(ぷりっつ)」です。

スポンサーリンク
関連記事と広告